セルフビルド
  セルフビルドとは、文字通り、建て主の方が工事を行うものです。
   セルフビルドの目的は、言うまでもなく、ローコスト化にありますが、その場かぎりのローコスト化
   だけではありません。

   家づくりに直接参加することは、家への愛着が高まるものと言えます。
   愛着が持てると言うことは、家を大事にする=家が長持ちするということにつながります。
   愛着が持て、更に長持ちするということは、長期的に見てのローコスト化と言えるでしょう。

   セルフビルドでは、設備工事を自分でやるとか、断熱工事を自分でやるとかということもあります
   が、現場の他の職種の方に迷惑をかけず、また工程に影響なく行うのは難しいものです。   

   下の例は、比較的簡単で、かつ、他の職種の方や工程に影響が少ないところでセルフビルドを
   行った例です。どちらも20〜30万円ほど工事費を安くおさめることになっています。
   とはいえ、素人にははじめての仕事でもありますので、設計事務所もその指導や工事に参加し
   ました。
                                                             

コンクリート打ち放し壁の塗装:
溶剤を使用する塗装は素人ではまず不可能です。
そこで、水性で、かつ非常に耐候性のある塗料を
建て主の方にご紹介、直接購入して頂き、施工の
ご指導をさせていただきました。
屋外の木製テラスの塗装:
含浸タイプの塗料は、素人でも簡単にきれいに塗れるものです。
これについても、適切な塗料を建て主の方にご紹介、直接購入
して頂き、施工のご指導をさせていただきました。

中川龍吾建築設計事務所

 閉じる 

家づくりアドバイスのページへ