リフォーム施工実例

〜防湿工事〜



この防湿工事は、地面からの湿気による床下の下地の腐食防止だけでなく、
土台や柱等の腐食を防ぐことにより、建物の耐久性、耐震性を保つことを目的としたものです。

既存の床下は部分的に防湿フィルムが敷いてありましたが、その他の部分は土のままでした。
土の部分には、防湿フィルム敷きの上、砂を敷いてフィルムを押さえました。


既設床下状況:
奥は防湿フィルム敷き、手前は土のまま
上:防湿フィルム敷設
右:砂押え


防湿フィルム敷の上押えコンクリート(土間コン)とする仕様もありますが、
今回の工事では、コストを抑えるため、砂押えを採用しました。
コンクリート押えも、砂押えも住宅金融公庫基準に準ずる仕様です。



中川龍吾建築設計事務所

永福町の家実例ページへ戻る
閉じる