中川龍吾建築設計所 トップページへ
●TOP
●設計スタイル
 こだわり

当事務所の家づくりに対する基本姿勢
●住宅実例   
 ・2世帯住宅
 ・3世帯住宅
 ・戸建て住宅
 ・リフォーム
 ・常設オープンハウス
●設計者     
 プロフィール

設計者の経歴や資格、現在の活動など
●業務内容     
当事務所の家づくり
 ・設計監理の進め方
 ・設計料 他
セカンドオピニオンサービス
   &家づくり相談会
●家づくりアドバイス
 ・計画から完成まで
 ・2世帯住宅
 ・設計事務所って?
●商業施設・学校他
●参加コンペ
●お問合せ(メール)
●スタッフ募集
●建築系お役立サイト
●ブログ     
家づくり設計者の日常
家づくりに役立つ話も満載です!
設計スタイルとこだわり − 基本姿勢

 設計スタイル
  個々にタイプの異なる設計者。こちらの事務所の設計・監理への取り組み方


設計事務所はそれぞれの事務所ごとに設計者としてこだわる内容や
得意とする分野などが異なるものです。デザイン志向の強い事務所、
ニーズを最優先する事務所、特定の工法や設備に特化する事務所等。

こちらの事務所で特に大事にしていることは主に以下の事柄です。

建て主の方のニーズ、デザイン、建築の耐久性、現場の監理、コストコントロール
といった建築に求められるさまざまな要求にバランスよく応え提案を行うこと

シンプルでありながらも暖かみを感じる、機能や性能面で合理的な住まい、
ナチュラルで自然素材を生かした総合的な観点で質の高い建築をつくること


(当事務所での具体的な設計の進め方については「●業務内容」のページをご覧ください)

 こだわり
  戸建て住宅・2世帯住宅/家づくりの設計者としてこだわっていること

<コミュニケーション> 〜建て主さんとの密接な打ち合わせ(コミュニケーション)〜
ご要望に応えたり、細やかに説明をすることは、お互いの信頼関係を築き、納得を頂くことができる建築づくりのために必要不可欠なものと考えています。

建て主さんと設計者との
ご要望に応えるだけでなくさまざまな提案を行いながらの
「丁寧な説明と対話(キャッチボール)」
これは設計段階から完成に至るまで、大切にしていることです。

ご要望に応えることは必要最低限、これに何を加えることができるかが設計者の力量と考えています。

最近の打合せの傾向としては、顔を合わせての打合せの他、メールでの頻繁なやりとりが増えました。


プラン> 暮らしやすい家の基本はプランにあるとの考えから、平面計画の検討には特に時間をかけています。

単に機能的な間取りというだけでなく、明るく風通しのよい住空間や将来への対応、コスト等を考慮した
「快適な住まいとするためのプランニング」
いい家の骨格を決める最も大切な作業です。

ひとまわりできる家(回遊型のプラン)という設計手法も機能性の高いプランのひとつです。

暮らしやすい家のプランづくりの確かさに関しては、これまでの実績と共に、住宅コンペでの選出やセカンドオピニオンサービス等の経験上も、大変にご評価を頂いているものと自負しています。


<採光と通風> 都市近郊の住宅地では良好といえない採光条件の敷地が多いものですが、ほとんどの建て主さんが真っ先にあげる家への要望に「明るく風通しの良い家としたい」ということがあります。
これに対する当方の提案には自信を持っています。

一連の天空光の家シリーズなど、採光条件の良くない敷地であっても独自の手法により明るく風通しの良い家を提案しています。


<収納> 家を考えることは収納を考えること、といっても過言ではない程、いい家づくりには大切なことだと考えています。

家の中であふれる程のモノを整理して、住みやすく片付けやすい家、すっきりと暮らすことができる家の基本は収納計画にあります。

上記の「プラン」同様、収納に関する検討にもしっかりと時間をかけるようにしています。


素材インテリア> シンプルでありながらも、できるだけナチュラルであたたかみを感じる素材、人に優しい素材を活かした建築を心がけています

無垢板、自然塗料、漆喰、和紙、石などは通常よく採用していますが、再生紙やレザーなども使用した家づくりを行っています。

断熱> 次世代省エネ基準に準ずる断熱性能とする家づくりをおすすめしています。

木造住宅では、水で発泡する断熱材やセルローズファイバー(古新聞のリサイクル品)といった断熱材を一般的によく採用しています。

RC造では外断熱工法をおすすめしています。


外観> その建物があることによって街並みがよくなる建築、時と共に街になじむ建築、奇抜でなく、むしろ控えめでありながらも存在感がある建築、人を優しく迎える建築、そのようなものが建築の寿命の長さにつながるのではないかと考えています

耐久性> 建築は人と共に長い時を刻むもの。
20〜30年で建て替えられる今の建築には疑問を持っています。
機能面でも性能面でも最低限、人の一生+αは安心して使い続けることができる建築をつくるべきと考えています。

構造> 合理的な構造は耐震上もコスト上も重要な要素となります。
アクロバティックな特殊な構造ではなく、あたりまえの構造や工法にて、安全でかつ非凡な空間をつくりたいと考えています。


<監理>

 (現場チェック)
建築が最終的に造られるのはあくまで現場です。
よい設計ができても現場がうまく動かなければよい建物にはなりません。
そこで設計者自身がしっかりと監理まで行う体制とし、単に現場にいく曜日を決めたりするのではなく、工事の進捗に合わせて検査、協議等を行うものとしています。

基礎工事段階は日々工事の状況が変わり、その進捗と共にその中身が見えなくなります。
また仕上段階は多くの職種が同時期に工事を行います。
特にこれらの時期には、多い場合で週に2〜3回とか、場合によっては1日に2回といった頻度で施工現場での監理を行っています。


<期間> 上記のような設計・監理を行うためには、それに必要な時間を要します。また、建て主さんが考え、ひとつひとつ納得してものごとを進めるために必要な時間でもあります。
条件やコストがきびしくても知恵と経験があれば克服できますが、考えたり確認したりする時間がない仕事は、まずうまくいかないものと考えています。

設計作業期間としては一般なケースとして、建物の基本的な方向性を定めていく基本設計が約3ヶ月、細部まで設計内容を詰めながら図面化する実施設計が3〜4ヶ月を必要とします。
(基本設計期間は建て主さんによりさまざまで、半年位かけるケースもありますが上記の3ヶ月というのは平均的な期間です)
つまり概ね6〜7ヶ月を要するというのが、こちらの事務所における設計期間です。

その後、確認申請、施工者選定、工事契約準備等が1.5〜2ヶ月間、外構工事を含めた工事期間が6〜7ヶ月間となります。

よって、設計開始から建物の完成までは約14〜15ヶ月間を要するということになります。
(これまで手がけたケースとしては最短が12ヶ月、最長が24ヶ月位です)

そのようなことから、10ヶ月以内に家の設計から工事までを完了させたいといった、期間があまりに短いご計画に関しては、設計者、建て主さん双方にとって納得ができるものにはならないと考え、当方では参画を控えさせて頂いています。


<2世帯住宅> 特に都内のように土地の価格が高く、戸建て住宅の取得が困難な社会状況にあって、2世帯で暮らすことはさまざまなメリットがあります。
設計者(中川)も自身で設計した2世帯住宅に暮らしていることもあり、デメリットを克服し、2世帯が良い関係で暮らすことができる2世帯住宅を設計することに対しては、非常に重要性とその意義を感じています。
実際に手がけている住宅をはじめ、セカンドオピニオンサービス等で対応している住宅の中で、その3〜4割が2世帯住宅ということもあり、実績も多くなってきました。



■設計内容を理解しやすくするコミュニケーション手段として
  当事務所ではできるだけ多くの
スケッチよるプレゼンテーションを行っています。

→スケッチによるプレゼンテーション例はこちら


■設計内容をみんなで確認するためのプロセスとして、
  当事務所では必ず
模型によるプレゼンテーションを行っています。

→模型によるプレゼンテーション例はこちら


■家づくりに関する設計者の基本的な考えを記したよろず話を載せています。
  ブログと共にこちらも是非ご覧下さい。

→よろず話はこちら

中川龍吾建築設計事務所

このページの上へ戻る