小金井の家

2世帯住宅・設計実例−4

〜L型プランの完全分離型2世帯住宅〜
(ハウスコ(旧HOUSE COMPETITION)による家)

武蔵野の面影を残す閑静な住宅地に建つ住宅です。
新旧のさまざまな住宅が雑然と建ち並ぶ街並みの中にスケールの
大きな水平線を引き、その奥にシンプルですっきりとした住まいを
つくることにより、街並みの景観に寄与することを意図した住宅です。


1階が親世帯、2階が子世帯という一般的な構成の2世帯住宅です。
当方の手がけた「練馬の家」を評価いただき、玄関のたたきの部分で
各世帯をつなげる形式や各所の素材を「練馬の家」と同様のものと
しました。


1階は全ての居住が南庭に面し、寝室とリビング・ダイニングをこの庭を介して
対峙させるようにL型のプランとし、この庭に大きなウッドデッキを設けました。
2階も同様に、リビングと子供室が庭(バルコニー)を介して対峙するものと
しました。また、これにより各室から外部への視界が広がることを
意図したものです。
また、北側斜線に沿った形で勾配をとった屋根・天井形態とすることで、
2階のリビング・ダイニング、寝室等は高い天井の場とするとともに、
各子供室にロフトを設けました。





敷地の両端を結ぶ鉄骨により道路と敷地内の
ゾーン分けをした道路側外観


1階(親世帯)リビング:
右手前はたたみの間
上:たたみの間床の間      
下:リビング、たたみの間と南庭


2世帯を結ぶ玄関 リビングより南庭を望む
(右手は寝室)
寝室とリビングに面する
ウッドデッキ


2階リビングよりダイニングを望む ロフトのある子供室




左上:1階寝室の壁面収納
右上:同上          
左  :2階寝室の壁面収納



 
駐車スペースより庭を望む



建築データ

所在地   東京都小金井市
主要用途   戸建て住宅(2世帯)
家族構成   親世帯+子世帯(子供2人)
施工   榎本住建
構造・構法   木造(在来軸組)
基礎   鉄筋コンクリートべた基礎
規模   地上2階
敷地面積  200.39u
建築面積   84.34u
延床面積  166.43u
 1階      83.62u
 2階      82.81u 
工程   基本設計 2003. 6〜2003.10
実施設計 2003.11〜2004. 2
工事期間 2004. 5〜2004.12
敷地条件   第1種低層住居専用地域、
第1種高度地区
道路幅員 4.2m 
外部仕上   屋根:カラーガルバリウム鋼板 
外壁:アクリルリシンこて塗り
軒天:モルタル、防汚ウレタン塗
開口部:アルミサッシュ(ブラック)
     木製建具(タモ本実板貼)
外構床:石英岩乱貼(アプローチ)
     イペ材(南庭)
     白玉石入りモルタル洗い出し
     (駐車場)
内部仕上   居間・食堂
  床:フローリング(床暖房用)
  壁:PB アクリルリシンこて塗り
  天井:PB AEP塗り
寝室、子供室
  床:フローリング
  壁:PB AEP塗り
  天井:PB AEP塗り

 


中川龍吾建築設計事務所

住宅実例のページへ
閉じる