リフォーム施工実例


〜構造・耐震補強工事〜

リフォームにあたっては、調査、計画段階で構造補強の方法や範囲を想定します。
工事段階では、建物内部の仕上、下地撤去後に、
基礎、土台、筋交い、柱などについて劣化や強度不足箇所を詳細に確認し、
補強方法を充分に検討の上、構造・耐震補強工事を行います。

<基礎補強>

床下換気口上部など柱の下に基礎が無い部分は、
柱から伝わる上部からの荷重を地面に伝えることができません。
そのような柱の下には、独立基礎や、基礎増打ちで補強をしました。

既存基礎:換気口上に建つ柱
基礎増打による補強1(施工中)
型枠、床下換気用スリーブ
基礎増打による補強2(施工中)
型枠、コンクリート打設
基礎増打による補強3(施工後) 独立基礎による補強(施工後)


耐力壁を新設する部分には、鉄筋コンクリート布基礎を新設しました。

基礎立上り配筋、型枠 新設布基礎


<土台補強>

土台(建物)と基礎とを固定するアンカーボルトが不足していたため、
アンカーボルトを増設しました(ケミカルアンカー)。
1階床の水平剛性を高めるため、火打土台も新設しました。


アンカーボルトは主に引抜の力がかかる筋交い部分に増設しました アンカーボルト新設
鋼製火打土台新設 鋼製火打土台新設



<耐力壁増設と補強>

現行の建築基準法に適合する耐震性を確保するため、
耐力壁の増設と共に、柱、土台、梁等の接合部に緊結金物を取付ける補強を行いました。

新設耐力壁 筋交増設 新設耐力壁
接合部金物補強

既設の柱、梁、土台、筋交
にも全て金物で補強を
行いました。
柱、筋交、土台接合部 柱、筋交、梁接合部



<梁補強>

仕上を撤去すると梁を半柱で受けているヶ所が見つかりました。
柱がないことを前提としたプラン変更を行う計画でしたので、
その半柱は撤去し、既設の梁の下に新たな梁を設けて補強を行いました。


左:既設半柱と梁
右:既設半柱
梁補強 金物による梁補強接合部

 


中川龍吾建築設計事務所

永福町の家実例ページへ戻る
閉じる