西荻の家

戸建て住宅・設計実例−14

〜アーチ屋根と自然素材による木造住宅〜



この住宅は、杉並区西荻の住宅地に建つ
若いご夫婦と3人のお子様の住まいです。



30坪弱の家に子供室を3室設けながらも、家族が集まる場所はできるだけ広く」
「1階のリビング廻りをはじめ、各所に明るい陽射しが入る家」
というご要望に応えるようにした住宅です。


課題としては今日の住宅における典型的といえる内容です。


そこで
廊下をできるだけなくし、各所を機能的・合理的につなげる平面計画
とすることにより限られた面積を有効に活用するようにすると共に、
敷地における部屋の配置や窓の設け方を工夫した住まいとしました。


また、厳しい北側斜線制限のある敷地において、
アーチ状の屋根とすることで、
できるだけ広い室内空間を確保するようにしたことも特徴の家です。


床や造作材はできるだけ無垢板を使い、その他の材料も
コストの許す範囲で木材を、壁材や塗料等も自然素材を多く使った家です。




<アプローチと玄関ポーチ>
隣のご両親の家と連続するアプローチです。
正面のアルミ庇の奥の軒下が玄関ポーチです。

道路からのアプローチ
正面の庇下が玄関ポーチ



<玄関廻り>
L型に壁面収納を設けた玄関です。
3人のお子さんが忘れ物をしないよう、前日に荷物を置いておく棚を設けたのが特徴です。
ハイサイドライトと棚上に設けた間接照明により、柔らかな光に包まれる場としました。

L型の収納棚を設けた玄関内部
正面左は郵便受 正面右手かくし扉



<リビング・ダイニング>
たたみコーナーを併設したリビングです。
ダイニングはそのたたみコーナーの脇に配置し、リビングとは雁行させることで、
視線はつながりながらも独立したスペースとしました。


 
リビングより正面のたたみコーナーを望む たたみ部よりリビングを望む



<ダイニング・デスクカウンター>
キッチン脇のダイニングと家族共用のパソコンコーナーです


キッチンよりダイニングを望む
(正面は家族共用のパソコンデスク)



<キッチン>
ご家族が食事作りに参加することから、ダイニング脇に設けたオープンなキッチンです。
キッチンの手前は勝手口、奥に食品庫を併設しました。
インテリアに合わせてレンジフードはホワイト、バックカウンターは造り付けにしました。

 
ダイニングより正面のキッチンを望む キッチンの奥は食品庫



<階段(2階)>
リビングの北側に設けた明るい階段室です。

階段上部は家族共用の壁面収納を設けたクロゼット兼用スペース。
トップライトにより明るい場所としました。

 
2方向の壁沿いに窓を設けた
階段室
トップライトと壁面収納を設けた
階段上部

 
廊下脇に設けた洗面所から
階段室を望む
ふたりで使用できる洗面台
手前の天井器具はホシ姫さま



<主寝室>
2階の主寝室は階下のリビングや玄関廻りの気配も把握しやすい場所としました。
面積的にウォークインクロゼットを設けることが困難だったことから、
壁面収納形式のクロゼット(高さ3.3m)を設けました。

アーチ状の天井が空間を柔らかく豊かにするようにしました。

高天井の主寝室




<子供室)>
日中、家にいる機会の多い子供室は全て南面に。
ひとつは将来2室に区切ることを前提としました。

小さな部屋なので全ての部屋に大きめのロフトを設けました。

 
子供室その1 将来2室に区切る子供室




<収納(畳下部)>
1階のたたみコーナー(3畳)の下は全て収納場所としました。
キャスターを用いた引き出し形式の収納です。

 
畳下収納(格納時) 同左(利用時)


<収納(階段下部)>
階段下は利用の難しいところですが、畳下収納と同様、
引き出しによる収納場所としました。

 
階段下収納(格納時) 同左(利用時)




<外観(西側)>
この家の敷地は東と西の2方向が道路に面しています。

西側は主要道路、東側は袋小路でいわゆる生活道路。

プライバシーや西日対策などの観点から、
西側の道路に対してはやや閉鎖的な家としました。

 
西側外観 同左



<外観(東側)>
西側道路とは反対に東側道路は近所の子供たちが遊んでいるような道路。
車も入りにくいこの道路に対しては比較的オープンな家としました。

 
南側外観 東側外観

 
東側外観 同左






建築データ

所在地   東京都杉並区西荻北
主要用途   戸建て住宅
施工   山菱工務店
構造・構法   木造(在来軸組)
基礎   鉄筋コンクリートべた基礎
規模   地上2階
敷地面積    98.52u(29.2坪)
建築面積    49.17u(14.9坪)
延床面積    96.17u(29.1坪)
 
工程   基本設計 2014.10〜2015. 1
実施設計 2015. 2〜2015. 5
施工者選定・申請期間 
       2015. 6〜2015. 8
       (解体、地盤調査共)
工事期間 2015. 9〜2016. 3       
敷地条件   第1種低層住居専用地域、
準防火地域、第1種高度地区
道路幅員 5.45m、4m
 
外部仕上   屋根:カラーガルバリウム鋼板 竪はぜ葺
軒樋:既製樋
外壁:アクリル樹脂吹付仕上
開口部:アルミサッシュ(シルバー)
外構床:石英岩貼(アプローチ、玄関ポーチ)
     コンクリートはけ引(駐車場) 
     川砂利敷込(上記以外)
     イペ材デッキ組(南庭)
内部仕上   玄関
  床:石英岩貼、クリ無垢フローリング
  壁:カルクウォール塗
  天井:PB AEP塗
リビング・ダイニング
  床:クリ無垢フローリング
  壁:オガファーザー+デュブロン塗
  天井:PB AEP塗
主寝室
  床:クリ無垢フローリング
  壁:オガファーザー+デュブロン塗
  天井:シナ合板 蜜蝋ワックス塗
水回り諸室
  床:クリ無垢フローリング
  壁:カルクウォール塗
  天井:PB AEP塗
その他(断熱・住設機器など):
  断熱材:セルローズファイバー充填(屋根)
       水性発泡ウレタン吹付(壁)
  洗面台:デュポン・コーリアン 家具工事にて製作
  暖房:ガス温水式床暖房(LDK)

 


中川龍吾建築設計事務所

住宅実例のページへ
閉じる