東松山の家

セカンドオピニオン(レポートのみコース)実例


間取りや設計をチェックしてもらうことができる設計事務所をお探しの方から
設計内容のチェックを依頼頂いたものです。

原設計の担当している某組織の設計士さんと何度か打合せをして、
間取りがほぼできてきたというものでした。

建て主さんが方眼紙に書いた間取りがそのまま通ってしまい、
どこかおかしな家、住みにくい家になっているのでは

と心配をされていました。

ご依頼にあたってのご要望は、
間取りだけでなく窓の位置や大きさ、
デザイン面も考慮したアドバイス

を頂きたいというものでした。

これを受けて作成したのが以下のレポートです。
案に対するコメントと同時に改善案のスケッチ、事例写真等も加えた
レポートとして提出させて頂いたものです。


<提出資料>
 表紙
 「まえがき」
 「配置計画に関するコメント」
 「平面計画について」
 (各室ごとのコメント)
 「平面計画について」
 (各室ごとのコメント)
 「平面計画について」
 (各室ごとのコメント)
 「断面計画について」
 「立面(形態)について」
 「構造計画と窓位置について」
 
 あとがき




下記は案の提出後、建て主さんからご連絡を頂いたメール文を
そのまま記させて頂きました。
(ご参考まで)


先日「セカンドオピニオンサービス」のレポートをお送り頂いた○○です。
その際は本当にありがとうございました。早速家族で読ませていただきました。

今まで全然気にしていなかったところをご指摘頂いたり、
あるいは、気になっていたものの「しょうがないか…」と
ほとんど検討をあきらめ気味だった部分について
プロの目からご指摘いただくことで、改めて
家族みんなで考え直してみることになりました。
どうもありがとうございました。

また、明るさや窓について、コメントありがとうございます。
壁を照らすことで返って明るく感じさせるなんて、
思いもつかない方法があるのですね。驚きました。
階段についても、具体的にイラストで描いて頂いて本当にありがとうございます。
ご指摘頂いたように変更できないか、設計士さんにも伺ってみようと思います。

この度は、お送りした資料が色々不足しており難しいところ
詳しく見て頂いて本当に感謝しております。どうもありがとうございました。



 

中川龍吾建築設計事務所

セカンドオピニオンのページへ