静岡の家2(共有型2世帯住宅)

セカンドオピニオン(別案提案コース)実例



原案


<原案について>


この家は静岡県郊外における2世帯住宅の計画です。

上の図面は建て主さんから頂いた原案です。

進めている計画案に関して、第3者の視点から見ての意見がほしい
とのことから、まずはレポートのみコースの申し込みを頂いたものです。
その後、改善案の提案と共に別案の提案をしてほしいということになり、
それに応えたものです。

原案を拝見して気になる点としては主に以下のようなことでした。

・配置計画:
ゆったりした敷地に関わらず、建物の向きがやや西を向いている。
玄関を開けると家の前の道路から家の中が丸見えとなる。

これらは、日照面、西日対策、プライバシーの確保といった面で
改善が必要なものと思われるものでした。

・平面計画:
1、2階とも、南に面していない部屋があること。
玄関ホールがあまりに広く、他の諸室に対してバランスが悪いこと。
玄関や2階の廊下が中廊下形式である為、日中でも薄暗い場所になっていること。
リビングもダイニングも採光面で問題があると共に、
周囲に壁がなく落ち着きがないこと。
階段の位置が悪く、各階のつながりが良くないこと。
客用のトイレが玄関に直接面していること、等。

こちらが見ると、改善すべきではないかと思われる点が多数あるものでした。

プランの基本的な構成としては、
いわゆる「田」の字形式のプランでした。
日本の民家形式(アパート形式)のプランです。

部屋同士を有機的につなげること、
オープンスペースを生かして諸室を配置すること、
といった面では改善点がいろいろと考えられるものでした。


以上のような点を問題点、検討課題としてとらえ、
別案として提示したのが以下の案です。




<別案4案>

原案をベースとした改善案とは別に、
新たな案として別案の検討、提示を行ったものです。


提出した案は基本的には2案。
2案のそれぞれについて敷地への配置の仕方を変えることにより
玄関廻りのプランが変わったり、キッチンの形態などの部分的に
異なる案も提示することで、全部で4案の提案を行ったものです。

もともとの原案はコロンとした4角形の平面の家でした。

別案では改善案の諸機能を継承しながらも
「せっかくのゆったりした敷地なので、もっとのびやかなプランとする」
ということを意図しました(面積はご要望により原案よりコンパクトにしました)。

案1は「L型プランの家」、案2は「 I 」型プランの家としたものです。



別案1−1
(L型プラン)

(配置図)                                 (平面図)



別案1−2
(L型プラン)




別案2−1
( I 型プラン)




別案2−2
( I 型プラン)





上記の案のプレゼンテーションを行ってから10日程後、
この家の建て主さんよりメールにてご連絡を頂きました。


『今回はいろいろお世話になりました。
その後、頂いた案を元に皆で話し合い検討した結果、
別案○-○が中でも一番いいのではないかということになりました。
(・・・中略・・・)
今後、これを元に設計事務所に若干の修正をしてもらい決める予定です。
 
今回、こちらが気付かないようなことまで提案していただき
本当にお願いして
よかったです。
設計事務所のお部屋もとても素敵で参考になりました。
ありがとうございました。』


このようなご連絡を頂くと、このサービスが役に立っていることを実感します。




 

中川龍吾建築設計事務所

セカンドオピニオンのページへ