静岡の家2(共有型2世帯住宅)

セカンドオピニオン(改善プラン提案コース)実例−4



原案


<原案について>


この家は静岡県郊外における2世帯住宅の計画です。

上の図面は建て主さんから頂いた原案です。

進めている計画案に関して、第3者の視点から見ての意見がほしい
とのことから、まずはレポートのみコースの申し込みを頂いたものです。
その後、改善案の提案と共に別案の提案をしてほしいということになり、
それに応えたものです。

原案を拝見して気になる点としては主に以下のようなことでした。

・配置計画:
ゆったりした敷地に関わらず、建物の向きがやや西を向いている。
玄関を開けると家の前の道路から家の中が丸見えとなる。

これらは、日照面、西日対策、プライバシーの確保といった面で
改善が必要なものと思われるものでした。

・平面計画:
1、2階とも、南に面していない部屋があること。
玄関ホールがあまりに広く、他の諸室に対してバランスが悪いこと。
玄関や2階の廊下が中廊下形式である為、日中でも薄暗い場所になっていること。
リビングもダイニングも採光面で問題があると共に、
周囲に壁がなく落ち着きがないこと。
階段の位置が悪く、各階のつながりが良くないこと。
客用のトイレが玄関に直接面していること、等。

こちらが見ると、改善すべきではないかと思われる点が多数あるものでした。

プランの基本的な構成としては、
いわゆる「田」の字形式のプランでした。
日本の民家形式(アパート形式)のプランです。

部屋同士を有機的につなげること、
オープンスペースを生かして諸室を配置すること、
といった面では改善点がいろいろと考えられるものでした。


以上のような点を問題点、検討課題としてとらえ、
その改善案として提示したのが以下の案です。




<改善案2案>
基本的には原案をベースとして検討、提示を行った改善案です。

提出した案は以下の2案です。

主な変更内容としては、
・建物の向きを南向き(幹線道路軸)に変更
・全ての居室が南に面するように改善
・玄関をコンパクトにしてリビングや水回りを拡張
・1、2階のつながりを良くするために階段位置を変更(案2)
・キッチンと水回りをつなげる効率的な家事動線とする改善
といったものでした



改善案配置図

(上段が改善案1、下段が改善案2の配置図です)


改善案平面図

(改善案1の平面図)                         (改善案2の平面図)


提案した2案はいづれも基本的な平面計画は変えないという条件の中で
採光や通風、部屋同士の関係性、室内外の関係性を見直すものとして
原設計案を展開させていく形で検討、提案をしたものです。

このサービスにあっては、作業開始前の打ち合わせ、案のプレゼンとも
直接話をしたいとの事で、建て主さんにはご足労を頂き、直接
改善案それぞれについてのプレゼンテーションをさせて頂きました。

また、この建て主さんは、この改善案提案コースと共に、
別案提案コースにもお申し込みを頂いていました。
(これについては、別案提案コースの項の実例ページに記載しています)




 

中川龍吾建築設計事務所

セカンドオピニオンのページへ